business

2016年9月16日金曜日

1/10電動ツーリングカー世界戦を振り返る「明暗を分けた2つの場面」(1)


スパイラルWEBストア

画像出所:http://www.redrc.net/

北京で開催されたIFMAR 1/10電動ツーリングカー世界選手権。

フリー走行から絶好調だったのはXRAY T4 2017をドライブするBruno Coelho選手。

その好調ぶりは予選を迎えてからも続きます。


ヨコモのRonald Völker選手や、TRFの祖父江選手に遅れたラウンドがわずかにあっただけで、トップゴールを連発。

5ラウンド目でTQを獲得しました。

さらに、TQを決めてからの6ラウンドもトップでゴール。


予選の順位は、TQ Bruno Coelho選手(XRAY)、2番手Ronald Völker選手(ヨコモ)、3番手Alexander Hagberg選手(XRAY)。

日本からは、ヨコモのRonald Völker選手に期待がかかりますが、すぐ後ろにはBruno Coelho選手と同じチームのAlexander Hagberg選手がいます。


決勝Leg1。

序盤はほぼ予選の順位のままレースが展開します。

Ronald Völker選手は、トップのBruno Coelho選手を追いかけたいところですが、逆に3番手スタートのAlexander Hagberg選手がすぐ後方に迫ってきます。

Ronald Völker選手のペースはあがらず、4番手スタートの祖父江選手までもがすぐ後ろにつけてきます。

Bruno Coelho選手は独走。

Ronald Völker選手も落ち着いた走りで2番手をキープし、そしてレースは5分を消化。


画像出所:http://www.redrc.net/


つづく。


1/10電動ツーリングカー世界戦を振り返る「明暗を分けた2つの場面」(1)
1/10電動ツーリングカー世界戦を振り返る「明暗を分けた2つの場面」(2)
1/10電動ツーリングカー世界戦を振り返る「明暗を分けた2つの場面」(3)

0 件のコメント:

コメントを投稿

linkwithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Facebook