business

スタジアム1 TOP-C

2018年4月16日月曜日

京商 業績低迷により投資ファンド傘下で再建目指す。社長は退任


スパイラルWEBストア
新生銀行系投資ファンドが京商の全株式を取得。京商は投資ファンド傘下で再建を目指します。

これは業績の低迷によるもので、鈴木明久社長は退任し顧問へ。渡辺克美常務が社長に就任。

売上高は最盛期の1/5に減少しており、赤字が続いていました。

京商は今後海外市場を中心に売上高で毎年7%成長を目指すとしています。

続き→投資ファンド傘下による企業再生。京商はどう変わるのか

出所:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29417550W8A410C1TJC000/

0 件のコメント:

コメントを投稿

Facebook