business

2018年3月1日木曜日

【TITC2018】プラクティス2までの順位。日本人ドライバー上位に集中


スパイラルWEBストア

2回目のプラクティスが終わった時点での順位です。

トップはXRAYのBruno Coelho選手。まぁまぁ、予想通り。

2番手のタイムを出したのが、INFINITYの松倉直人選手。キレッキレ走行は健在です。

3番手がINFINITYの祖父江旭生選手。

4番手に原篤志選手。さすが地元。

そんなわけで日本人選手が頑張っています。

出所:http://www.myrcm.ch


谷田部アリーナ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Facebook