business

2017年7月13日木曜日

また逆接してアンプ壊してるの??


スパイラルWEBストア

別方面の有名ブログっぽいタイトルにしてみました(汗)

元ネタ知っている人はIT系かな?


ヨコモ製バッテリーだとプラスとマイナスが5mmコネクタと4mmコネクタに分けられていたり、ケーブルの長さを調整してバッテリー搭載時は物理的に逆接できないようにしたり、メーカーサイド・ユーザーサイドともにいろいろやり方がありますが、いまだに時々見かけるバッテリーの逆接。

バッテリーを逆接するとバチっ!!てなって、アンプが壊れちゃう。


全日本クラスのビッグレースの場合はヨーロピアンコネクタ直結でいいと思うんですが、普段のショップレースとか練習走行とかではタミヤコネクタや2Pコネクタより「さらに大電流を流せる逆接の心配のないコネクタ」を使った方が安全だし楽なのではないかなと思いはじめています。(年取って楽したいだけかも)

昔なら、選択肢は2Pコネクタ程度でしたけど、いまなら色々ある。海外のRTRでも採用されていたりします。

「バッテリー --- ヨーロピアンコネクタ --- ケーブル -- 新しいコネクタ -- ケーブル -- アンプ」って具合にして、普段は"新しいコネクタ"だけ抜き差しする感じ。



メス側の内径は3.5mm。

端子が保護されていて、形状的に逆接の心配はありません。


黄色いハウジングが一般的ですが、スクエア製は黒。

実際に使っているけど、見た目通りしっかり接続できます。使い心地は2Pコネクタと変わらないけど、耐電流80A以上で大容量リポバッテリーに対応。

それぞれ、オスのみ、メスのみのセットも用意されています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Facebook