business

2016年11月25日金曜日

【プレスリリース:京商】"超低空"が新しいあそびをクリエイトする、R/Cカーのように操れる新感覚マシン『DRONE RACER』いよいよ2016年11月25日発売開始!


スパイラルWEBストア
"超低空"が新しいあそびをクリエイトする、R/Cカーのように操れる新感覚マシン『DRONE RACER』いよいよ2016年11月25日発売開始!

本格R/C(ラジオコントロール)モデルやダイキャストカー等、 ホビー製品の製造・販売を行う京商株式会社(本社:神奈川県厚木市 代表取締役社長:鈴木明久)が、 ホイールタイプの送信機を採用した『DRONE RACER』を発売いたします(DRONE RACERは、 京商株式会社の登録商標です。 日本商標登録第5814946号)。


■製品ページ: http://www.kyosho.com/jpn/

『未来のクルマはタイヤがなくなっているんじゃないか?』、 『未来のレースは超低空バトルが主流になるのではないか?』。 そんな発想からDRONE RACERは誕生しました。 ドローンというネーミングながら、 私たちがイメージしたことは、 未来につながる提案になるような"かっこいい空飛ぶクルマ"。


地上わずか約35cmと約60cmの2種類から選べる高度は、 超音波センサーと気圧センサーにより自動制御を行い、 ワンタッチ操作で簡単にテイクオフ/ホバリング/ランディングを行います。 また、 コントローラーは直感的な操作が可能なホイラータイプの送信機を採用。 意のままに操れる本格R/Cカーのようなフィーリングと気持ちいいほどの浮遊感がドライバーを魅了することでしょう。 そして、 大切なことは、 ぶつけた時に『物を壊さないこと』と、 人が『怪我をしないこと』などの安全性。 ぶつけてクラッシュしても、 笑いながら『もう1回やろう!』となれるように、 例えば、 ぶつかった時、 ひっくり返った時、 何かが挟まった時、 そして、 電波が途切れた時などにプロペラがストップする制御等をプログラミングしていますが、 むしろ、 あえて大空に飛ばさず、 操縦者の視野が届く範囲の地上すれすれを滑空することで、 マシンを自分のコントロール下に置いて安全に楽しむことをコンセプトをしています。

重量物は危険性がありますが、 約130gの軽量設計で航空法の規制対象外となり、 特定の禁止区域以外であれば自由にフライトを楽しめることもDRONE RACERの大きな特徴です。
※2015年12月10日航空法。

■KYOSHO DRONE RACER BRAND PV



【ストーリーイメージ】
京商のドローンレーサーはかなり素敵だ。 かつての悪ガキだったアラフォー+大先輩の3人組。 現在子供の時に見上げていた大人の立場になっているが、 それぞれ仕事にプライベートにやらなきゃいけないことがいっぱいある。 残業する奴、 都会の喧騒で飲みつぶれている奴、 規則正しく健康的に生活してる奴など、 それぞれのウィークデイから、 久しぶりに遊びの待ち合わせをした土曜日の明け方へと時は移っていく。 クルマに「ドローンレーサーと遊び道具」を積み込んで、 さぁ、 GOだ!


〈一般の方からの商品に関するお問い合わせ先〉
京商株式会社 ユーザー相談室 TEL:046-229-4115

〈報道各位から本件に関するお問い合わせ先〉
京商株式会社 グローバルマーケティンググループ
矢嶋、 竹川、 春田、 加藤
TEL:046-229-1508 FAX:046-229-4031
Mail:release@kyosho.co.jp

本件をご紹介頂ける場合は、 是非ご一報下さい。
●製品撮影のご用意
●宣伝画像のご用意
●製品詳細につきましては、 弊社ホームページを閲覧下さい。
●別途取材対応のご相談

0 件のコメント:

コメントを投稿

linkwithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Facebook