business

2016年7月22日金曜日

R31HOUSE 世界一遅いラジコンで障害者雇用!! 名古屋テレビ「UP!」より


スパイラルWEBストア


R31HOUSEの取り組みが、名古屋テレビ「UP!」で取り上げられました。

時速50km、競技用では時速100kmを超えるものもあるホビーラジコンの中で、社長は自社製品「GRK バギーカート」を世界一遅いラジコンといいます。


R31HOUSEはレーシングカー(実車)専門の整備・販売会社。

そのノウハウを活かしラジコン製作をしたところ、世界から大反響。

初年度にも関わらず、全国から1年で6000人ものユーザーが来て、「車屋さんをやっているのかラジコン屋さんをやっているのかわからなくなった」ほどだそうです。


それではなぜ世界一遅いラジコンを作ったのか?

それは対象が、子どもやお年寄りだったから。

R31HOUSEは今年から、地域のイベントや、幼稚園・保育園、老人ホームなどへのレンタル事業をはじめました。


そして、そのレンタル事業を支えているのが、会社近くの就労支援施設に務めている障害を持つ人たち。

彼らが行っているのは、レンタルラジコンのメンテナンスです。

ラジコンを販売するだけではなくレンタル事業としたことで、メンテナンスの需要ができ、雇用を生み出しました。

そこで働く人たちは「やりがいがある」「達成感がある」「こういう仕事場ができて助かっている」といいます。


最後に社長は障害者雇用について「限界を企業側が決めず、どこまでできるか一緒にチャレンジするという姿勢があれば、新しい可能性にいけると思う」と語りました。


■UP!(名古屋テレビ)
http://www.nagoyatv.com/up/

0 件のコメント:

コメントを投稿

linkwithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Facebook